上海の街中をぶらついた写真


by taro20jan07

カテゴリ:未分類( 5 )

世紀公園

魔都上海には、晴れているよりも霧のほうがイメージがあう。
e0117150_1026428.jpg
e0117150_10265896.jpg
e0117150_10271739.jpg

万世広場から万世公園への道。花らしい花が咲いておらず、主体はハボタン。
e0117150_10274338.jpg
e0117150_1028526.jpg
e0117150_10282120.jpg
e0117150_10284256.jpg

公園のいたるところから高層ビル・集合住宅が見える。新宿御苑も同じようなものなので、景観管理をとやかく言うつもりはない。
e0117150_1029368.jpg
e0117150_10291843.jpg
e0117150_10294764.jpg
e0117150_1030516.jpg
e0117150_10302684.jpg
e0117150_10304228.jpg

[PR]
by taro20jan07 | 2007-01-21 13:45

インタールード

赤は商売繁盛の色なのでしょうか。いたるところで見かけます。
e0117150_10551330.jpg
e0117150_10554891.jpg

中国語が分かりませんが、この掲示は万国共通のものなのでしょうか。
e0117150_1056793.jpg

[PR]
by taro20jan07 | 2007-01-21 13:34

上海博物館

こちらは中国古代芸術博物館であるとの性格から派手さに欠ける。見る人が見れば、ありがたみがあるのでしょうが、フツーの人に分かりやすいお宝は台北と北京の故宮博物院にあるのでしょう。
e0117150_1103414.jpg
e0117150_111278.jpg
e0117150_1111518.jpg
e0117150_1112759.jpg
e0117150_1114840.jpg
e0117150_11298.jpg
e0117150_1122799.jpg

仏様の微笑みが、ありがたい。
e0117150_1124121.jpg
e0117150_112561.jpg
e0117150_1131327.jpg
e0117150_1132876.jpg

[PR]
by taro20jan07 | 2007-01-21 12:03

豫園と商場

豫園は、明代の古典庭園。江南の名園の中でも随一(いかん随ではなく、明代だ)。偉い人は、名筆でないといけません。
e0117150_1183135.jpg
e0117150_1185665.jpg
e0117150_1191290.jpg
e0117150_1193282.jpg
e0117150_119532.jpg

外資の導入が盛んですが、中国建築様式にカーネル・サンダースおじさんの看板には恐れ入りました。
e0117150_111092.jpg
e0117150_1111962.jpg

六本木ヒルズにも出店している小籠包で有名な、創業100年以上の南翔饅頭店の上海店。一階のテイクアウトばかりか、飲食できる二・三階も超満員。出発前にご推薦をいただきましたが、今回は食べ損ないました。残念!
e0117150_11104786.jpg

e0117150_11113346.jpg
どこもかしこも工事中。
e0117150_11115350.jpg
e0117150_11121223.jpg
e0117150_11123297.jpg

[PR]
by taro20jan07 | 2007-01-21 10:36

新しいランドマーク

新しいランドマークは、この写真ではなく、最後の写真に出てくる東方明珠電視塔。excite.ブログが用意した冒頭の写真にもある。
e0117150_11151819.jpg

車道を歩くおばさん。人も自転車も信号無視。自動車は、ウィンカーを出さずに車線変更が当たり前。見通しの悪い霧のため、車の接触事故をいくつも目撃した。
e0117150_1115396.jpg

e0117150_11162769.jpg
テレビ塔は、高さ468m。大小三つのドームを持つユニークな外観。このタワーを目印に最寄の地下鉄駅にたどり着けたが、下車駅から迷い、結局タクシーのお世話になった。
e0117150_11163995.jpg

とりあえず無事帰りました。謝謝。
[PR]
by taro20jan07 | 2007-01-21 09:07